キャンペーン

レンズを自分の生活に合ったものにしましょう♪

2020年05月27日/上通本店

こんにちは♪皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 

今回は実際にあった相談から

どのようなレンズをオススメするかについて記事にまとめました。

 

参考になると思いますので最後まで読んでいただけると幸いです。

 

 

昔は選べるレンズというのは限られていました。

 

しかし最近は各レンズメーカーのたゆまぬ努力により

 

生活に応じた高性能なレンズが生まれています。

 

 

「知らない」ではもったいないです♪

 

皆様の視生活に合わせたレンズ選び、、、してみませんか?

 

 

 

大宝堂にいらっしゃるお客様からいただいた

 

実際の相談からレンズをご紹介いたします。

 

 

 

【相談①】

「仕事柄長時間運転することが多い。

車のボンネットに反射する光や夜間運転時のライトが眩しく不便に思っている」

 

眩しさが原因で目が疲れてしまったりかすんでしまうことも多いとのこと。

 

 

キーワードとしては「眩しさ」と「夜間運転」です。

 

 

この2点に特化したレンズとしては「Kodakの防眩レンズ」をご案内します。

 

レンズに薄いブルーが入っていて

 

眩しさにつながりやすい「黄色光」を抑えてくれます。

 

 

夜間運転もOKなので普段づかいとしてもばっちりです。

 

 

日中の眩しさに関しては理想を言えば

 

「偏光サングラス」も併用してもらえると大変快適に運転ができると思います。

 

 

 

【相談②】

「テレビで紹介されているものを見た。紫外線が目に悪いと聞き心配になった。

目に優しいレンズはないのでしょうか?」

 

紫外線に関しては

 

ほとんどのレンズがUVカットの機能がついていますが

 

その中でも特に「東海光学ルティーナレンズ」をオススメします。

 

 

目の中には大切な色素「ルテイン」というものがあります。

 

この「ルテイン」が紫外線によりダメージを受けると

 

加齢黄斑変性などの病気になりやすくなります。

 

日頃から波長の強い光を抑えてくれるので

 

目の健康を抑えてくれるルティーナレンズはオススメなのです。

 

 

 

【相談③】

「外にいる時間が少ないから

紫外線よりもパスコンやスマホから出る青色光の方が気になる」

 

そのような方には「SEIKOフロンティアレンズ」をオススメします。

 

 

このレンズも紫外線を100%カットするため普段使いとしても使いやすく

 

さらには420㎚の青色光を約80%カットします。

 

 

オフィスでの仕事や長時間画面を見続ける習慣のある方には

 

ぜひ使っていただきたいレンズです。

 

 

 

 

 

いかがでしたか。

 

今回ご紹介したものはほんの一部です。

 

レンズの種類が多く様々な場面に対応できることが

 

大宝堂の魅力でもあります。

 

 

購入まで踏み切れないという方も

 

今後の視生活を考えるきっかけになると思いますので

 

いつでもご相談くださいませ。