キャンペーン

補聴器の練習スケジュール

2020年04月29日/補聴器部

補聴器は使用してすぐに効果がでるものではありません。

 

 

慣れるまで練習が必要です。

 

 

そこで、大宝堂では「補聴器の装用練習スケジュール」を作り

 

 

お一人お一人の状況に合わせた練習をしながら

 

 

少しずつ慣れていくシステムを取り入れています。

 

 

装用練習用紙
練習で使用する用紙の一例

 

 

通常は4ステップを基本として、スケジュールを元に調整をしながら

 

 

行動範囲と装用時間を広げていき、 最終的には常用できる状態を目指します。

 

 

練習が必要な理由は、人間が音を【脳】で理解するためです。

 

 

長期間難聴で暮らしていると、脳が静かな世界を正常だと認識しています。

 

 

この認識を脳が「思い込み・間違い」だと理解するのに

 

 

約2ヶ月程度必要と言われています。

 

 

音は空気の振動で聞こえますので、言葉だけが大きくなることはありません。

 

 

あせらずに、私たちと一緒に練習をしていきましょう。

 

 

メガネの大宝堂 上通本店 4階補聴器フロア

〒860-0845 熊本市中央区上通町5-6

096-325-3300(直通)