メガネづくり工程

専門技術も人柄も最高を目指します。各工程のベテランスタッフから受け継がれる「大宝堂クオリティ」。

メガネ選び

STEP 1メガネ選び

セレクトスタッフ 木村 智子(メガネファッションアドバイザー)

「お客様との永いお付き合いを通じ、信頼してフレーム選びお任せ下さるケースも多いんです。」
「実用をお求めなのか?見た目やファッション性をお求めなのか?」、しっかりお話をうかがいご納得いただけるメガネ選びをさせていただきます。私をはじめ多数のスタッフが再度ご来店いただいたお客様からご指名をいただく事も多く、永いお付き合いをさせていただいております。また、メガネの流行をいち早く察知するため「メーカーによる勉強会」などに出向き、お客様へメガネをおすすめする際のひとつの知識としています。永い間磨いたフレーム選びのセンスと豊富な知識で、お客様のための1本をお選びします。

カウンセリング・予備検査・各種測定

STEP 2カウンセリング・予備検査・各種測定

検査測定スタッフ 光永 享司(認定眼鏡士SS級/メガネファッションアドバイザー)

「大宝堂が問診・検眼・測定に充分時間を費やすのは、より深い見極めを行うためなのです。」
他店では10~15分程度の視力測定が多い様ですが、大宝堂では、問診・予備検査・各種測定に約30~40分のお時間を頂戴します。それは、お客様の目の状態をより深く見極めるため、必要で大切な時間なのです。仮枠に色々なレンズを装着しお試しいただきながら、お客様と一緒にお客様にあったレンズを見出します。日本では最大級を誇る広さの視力測定ルームでお過ごしいただきながら見極めを行ないますので、ゆったりとした気持ちでお過ごし下さい。

加工

STEP 3加工

加工スタッフ 佐藤 正治(認定眼鏡士SS級)

「永くご愛用いただいた後、大宝堂のメガネは丈夫だったと言っていただける事が喜びです。」
メガネ加工とは、お客様の度数や目の距離など伝票に書かれた情報をお客様の唯一のメガネとして具現化する部門です。自動でできる作業も多いのですが、大宝堂では、目で確認しながら手作業でおこなう加工が数多く存在します。長年加工に携わるスタッフの勘は0.1mmの誤差まで感じ取り、お客様にとってベストの状態のメガネをご提供いたします。バランスの良い見た目と使い心地、そして、丈夫さを考慮したメガネを永くご愛用いただければと思っております。

フィッティング(かかり具合の調整)

STEP 4フィッティング(かかり具合の調整)

調整スタッフ 楠田 敏靖(認定眼鏡士SS級)

「レンズ性能を最大限に引き出したメガネをお渡しし、アフターフォローもしっかり行います。」
お客様の耳の形に合わせたフィッティング技術を、大宝堂のほとんどのスタッフが持ち、日々さらなる進化を続けています。「痛くない、きつくない、下がらない、光学の位置がきちんと合っている」など、性能を最大限に生かしたネガネをお客様にお渡しした後も、どうしても毎日の装用や使い方のクセなどで形が崩れてしまいます。そんな時は、何度でもお気軽にお立ち寄りください。「型崩れのお直し」や「ネジのゆるみのしめ直し」など、ご納得いただけるアフターフォローをさせていただきます。

PAGE TOP