視力の基礎知識

目のメカニズムを知ると、自分に合ったメガネ作りの重要性に気づきます。

視力の基礎知識

人間の目はカメラとよく似ています。カメラの前面レンズの様な働きにあたる角膜で屈折された光が、虹彩というしぼりの役目をする所を通過し、後面レンズにあたる水晶体で焦点を網膜というフイルムに合わせます。この光学システムがうまく働いている目を「正視眼」といいます。また、光学システムのどこかに異常があることを「屈折異常(近視、乱視、遠視の総称)」といい、屈折異常は状態にあった矯正レンズを使用することにより解消されます。

調節について

通常人間の目は正視眼であれば、意識することなく1メートル以上の遠方がきれいに見えます(調節休止状態といいます)。1メートル以内の距離を見る際は、毛様体を使い水晶体を厚くする事により手前にピント合わせをし、よく見えるようにします。この働きを「調節」といいます。

正視イメージ

近視について

水晶体が厚かったり眼軸(眼球の大きさ)が長かったりすると網膜より手前に像を結び、うまくピントが合いません。この状態を「近視」といいます。近視は凹レンズで矯正されます。

近視イメージ

遠視について

水晶体が薄かったり眼軸が短かったりすると網膜より奥に像を結び、うまくピントが合いません。この状態を「遠視」といいます。遠視は凸レンズで矯正されます。

遠視イメージ

乱視について

角膜や水晶体の湾曲が正しい球面になっていないためにおこるものが「乱視」です。外から入ってくる光の方向によって目の中で焦点の結ぶ位置が違ってきます。乱視の矯正には方向によって曲率の異なる面をもつ円柱レンズを使います。乱視には、「正乱視」と「不正乱視」とがあり、不正乱視はメガネでの完全な矯正は不可能です。また、正乱視にはその網膜の結び方により「近視性乱視」「遠視性乱視」さらに、その2つが合わさった「混合乱視」があります。

乱視イメージ

PAGE TOP