はじめての大宝堂(1)子供眼鏡

幼稚園の眼科検診で大ショック。
ウチの子にはメガネが必要らしい!?

眼鏡選びイメージ

子ども用メガネってどこでつくればいいの

ショックで言葉が出ませんでした。幼稚園の眼科検診で告げられた「娘さんには眼鏡が必要です」と言う診断。まだ6歳になったばかりの娘なのに、かわいい顔にメガネを掛けさせないといけないなんて。新米ママのワタシは、眼科でもらった処方せんを手にアタフタ。子ども用メガネってどこで作ればいいの?その前に、どこのお店が信頼の置けるメガネ店なの?不安でいっぱいです。

メガネ専門店の名前に一筋の光明が

メガネの専門店と名乗っているくらいだから、きっといい店に違いない。「大宝堂」のホームページに目を通してみた。子ども用メガネがあった!藁をもつかむ思いで連絡してみる。

眼鏡着用イメージ

とにかく老舗メガネ専門店「大宝堂」に行ってみた

上通の中ほど、レンガ色の建物の大宝堂へ娘と二人連れだって。娘は、ママとのお出掛けにはしゃいでいるが。ママの私はと言うと・・・、ハラハラドキドキ。娘はじっとお利口にしているだろうか?メガネを掛けることを嫌がらないだろうか?そんな私の気持ちにを敏感に察知したのか、娘が私の顔をのぞきこんだ。

眼鏡着用イメージ

子ども用メガネは熊本でもトップクラスの品揃えらしい

笑顔のお姉さんが、2階のキッズコーナーへ案内してくれた。おっ?子ども用のメガネ、思ったよりずっと品揃えが豊富。うれしいことに、熊本ではトップクラスの品揃えらしい。娘も興味をしめしてるぞ。ピンクのメガネをじーっと見ている。あら!遊べるスペースもあるのね。飽きてきたら、気分転換に遊ばせようかしら。そうこうしているうち、笑顔のお姉さんが話し始めた。あなた案内係の人じゃないの?いったい何者?

眼鏡着用イメージ

子どもだからこそ、しっかりと向き合ってくれるカウンセリングと検査が大切

さすがに老舗メガネ店。カウンセリングでしっかり話を聞いてくれた。その人が、例の笑顔のお姉さん。なんと!すごいメガネのプロフェッショナルだったみたい。ほんのちょっぴり不安の度合いが下がった気がする。でも、娘がグズりはじめちゃった、どうしよう。笑顔のお姉さんが、子どもの目線でゆっくりと向き合ってくれたらあら不思議、娘も少し落ち着いてきた。

眼鏡着用イメージ

違和感がなくなるまで、粘り強くメガネ調整をしてくれる

はじめてのメガネを掛けてみる娘。興味はあるみたいだけど鼻に触れる感触が嫌みたい。プイッと、そっぽ向いちゃった。ハーーッ、今日のママはため息ばっかりだよ。粘り強く調整してくれたメガネ、やっと鏡を見る気になってくれた。はじめてレンズ越しの鏡を見た娘、自分の顔がはっきり見えたみたいで興奮している。『カッコイイ!お姉ちゃんになったみたい!』なんて言ってるし。さっきまで嫌がっていたのが、ウソの様。いやだ~、涙が出てきちゃった。

眼鏡購入イメージ

老舗=高級品ばっかりってイメージだったけど、間違っていたかも?

キッズメガネのお得なセットがあって、助かっちゃった。大宝堂って高級メガネしか置いてないと思ってたんだけど、先入観だったみたい。これなら、色違いで作ってやれるかも。

子どものことを見守ってくれるお医者さまみたい

毎日どんどん成長していく子どもは、骨格や視力も年齢とともに変化して行くでしょ。だから、選ぶならかかりつけのお医者さまの様な、長くお付き合いができるメガネ専門店がイイと思う。今日出会った笑顔のお姉さん、これからもどうぞよろしくお願いします。

PAGE TOP