お知らせ

各店舗からのお知らせをご覧いただけます。

玉名店

1月31日『皆既月食』の楽しみ方!

皆さんこんばんは。
今日は玉名店から、夜空の話題をお届けします。

 

2018年1月31日『皆既月食』が起こることはご存知ですか?
今回の月食は条件が良く、ご家族での観察にもおすすめですよ!

 

 

今回の月食は日本全国、つまり熊本でもその始まりから終わりまでを見ることが出来ます。
そして、その時間が比較的夜の早い時間であるため、お子様でも観察しやすく、ご家族でお楽しみいただけると思います。
その時間は以下のとおりです(国立天文台 皆既月食のページより引用)。

 

『月は20時48分に欠け始め、21時51分には完全に欠けて皆既食となります。皆既食が1時間17分続いた後、23時8分には輝きが戻り始め、真夜中を過ぎた0時12分に元の丸い形となります。』
(詳細はこちら 国立天文台 皆既月食(2018年1月31日) )

 


 

月食は月が欠けていくのを見るだけでも神秘的ですが、以下のポイントを押さえて観察すると、
もっと楽しいかもしれません!

 

ポイント1:「月食の月の色は、赤」
皆既月食中は地球の影に入っている月。
でも、真っ暗になって月が見えなくなるわけではありません。
地球の大気で屈折した光が月に届くのですが、赤色以外の光は散乱してしまいます。
結果、届くのは赤色の光となり、月食の月は赤っぽく見えるのです。
どんな赤色に見えるか、確かめてみてください!

 

ポイント2:「月食は全国同時」
月の出る時刻、沈む時刻は日本国内でも違いますよね。
今回の月食中も、地域によって月の見える高さは少し違います。
でも、月食の「時刻」は先程書いた通り全国いっしょ!
離れた場所のお友達と電話やLINE、ビデオチャットでカウントダウンをすると盛り上がるかも!

 

ポイント3:「手軽なプラスでさらに楽しむ!」
せっかくの「皆既月食」、眺めて終わりじゃもったいない!
お手軽にもう一つプラスして、もっと楽しみませんか?!

 

《双眼鏡をプラス》
特別なものでなくてかまいません、双眼鏡を使ってみませんか?
月食を見るなら全体が見える双眼鏡がぴったり!

 

倍率は高くなくてもOK!下の写真の8倍のコンパクトの物でも、
月のクレーターの凹凸まで見えるんです。

DSC_2760t

 

《写真をプラス》
写真を撮ってみませんか?
スマートフォンでも、風景や人物と一緒に撮れば、雰囲気が出ますよ!
この写真は、玉名店の看板の下に小さく三日月が。

IMG_20180121_181146_638
さらに!
普通の双眼鏡の接眼レンズにスマホのカメラを押し当てて…
ピントや明るさがうまく合うと…細部が写ってくれることも!
下の写真は先ほどの8倍の双眼鏡とスマホで撮りました。
少しクレーターの凹凸、わかりませんか?!

 

IMG_20180123_200837_305

 

いかがでしょうか?
あとは当日のお天気が良いことを願うばかりです!
もちろん、防寒は万全に。

みなさまがよい月食観察、出来られますように!!

 


 

※ツイッター・インスタグラムからも玉名店情報発信中!

[玉名店ツイッター]
ID:@tamana_taihodo

[玉名店インスタグラム]
ユーザーネーム:tamana_taihodo


2018年1月30日 11:35 AM

PAGE TOP